読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ

美容に携わるお仕事で、11歳年上の旦那はん。6歳&4歳の息子ズと、1歳の娘3人。

何を伝えたいのか

母、妻、自分 メイク

ここ1カ月ぐらい

頭の中ぐーるぐる(笑)

 

やりたいこと、仕事と家族とのバランス、色々考えて…

主人は親と話したり

職場の人とも話したり

 

自分の運気リズムを改めて確認したり

 

①自分を大切に

②家族を大切に

③仲間を大切に

 

元気に明るく楽しく素直に感謝して

 

これ、できてるかな?が自分の中で大切なこと。

 

整理の今年、何を手放すのか?

 

今までの仕事を手放すってことなんだろうかと最初は思っていたけれど、それは違った。

 

今日目にした言葉。

 

・やりたいコトを通して、自分がどのような存在でありたいのか。どのような表現をしたいのか。何を伝えたいのか。

・何のメリットもなく、何の理由もなく、ただ純粋に好きでやっていたこと。そこからのメッセージ性とつながり、それを忘れずに、表現されやすい手段を選ぶ。

 

 

それでハッと目覚めた感じ!

 

(始めてもないことだけど)パーソナルカラーリストとして花開こうとしてることだー!と。

 

 

あのタムラカハル先生のメソッドを習得した。そりゃーそれだけの投資です。時間もお金も。

その分取り戻さなければならないって思っていた。

 

パーソナルカラーの勉強したいと言って応援してくれてた主人のこと。

出し惜しみなくいつも色々なことを聞いたぶんだけ答えてくれる先生。

 

あー、こんなに応援してもらってるんだ!とにかくやってみなければー!って思っていた。

 

パーソナルカラー診断の方が需要があるだろうし、とか考えていた。いや、あるのはある(笑)

 

ただ、私は診断がしたいのではなくって。メイクがしたい。その人らしさを活かしたメイクがしたい。

そして、その人が自分でもメイクができるようになって、美しくなって、笑顔になってくれたら嬉しい。

落ち込んだ時も、メイクでキレイになって少しでも元気が出てきてくれたら嬉しい。自分を大切にするための手段としてメイクを活用してほしい。

 

・その人らしさを活かす→そのためにパーソナルカラーは知ってた方がいいよ

・似合うメイク→自分の顔の特徴と良さを引き出しバランスをよくする方法を知るといいよ

・毎日出来るように→いい道具と道具の正しい使い方を知るのが大切よー

 

ってことだー!

 

パーソナルカラーも、メイク道具も、その使い方を教えることも、

 

私が出会った人の美しさを引き出すための工程なんだーってこと。

 

 

メイクって、セレモニーの時だけとか、特別な時だけどか、メイク好きな人のものって事ではない!

これを声を大にして美容師である主人に言いたい(笑)!

 

毎日の日常の中にあるの。鏡をふと見た時にいい感じの自分だったら、それだせで笑みがこぼれるんだー!

 

笑顔は周りの人を幸せにするんだ〜!

 

 

 

 

広告を非表示にする